MISSION
チームに貢献できる個の育成

ここでいうチームとは、所属しているチームに限定せず、自分と関わり合いを持つ仲間全てを指します。
自分の個性を表現しつつ、チームに貢献できる個人を育てるためには、「AMIC」の由来ともなる次の4つの要素が必要と考えます。

Autonomy(自律)
自ら考え、判断、行動する

Mastery(熟達)
失敗から学び、成功体験を積み重ねる

Intelligence(知能
先人の知恵をもって、問題解決する
Communication(伝達)
相手を知る努力、自分を知ってもらう努力をする

VISION
社会に貢献できる芽の育成

自ら考え、判断、行動してチームに貢献できる選手には自立心が芽生えます。
自立心が芽生えてくると、誰かが〇〇と言ったから…
ではなく、目的を達成するために何をすべきかを自ら考えて行動します。
そのような選手が依存から脱却・自立をして、将来的に社会に貢献できるようになることが、クラブとしての最終的なビジョンです。

VALUE
育成に不可欠な3つの土台

何かを育てようとしたときに、必ずそこにはベースとなるものやエネルギーが必要です。
ミッション達成のキーワードの「AMIC」を育てるには、心のタンクが満タンであること、適切な食事がとれていること、体のケア・マネジメントの習慣ができていること、この3つが必要不可欠と考えます。

▶︎育成方針について

PAGE TOP